2009年4月13日 « トップへ » 2009年4月15日

2009年4月14日

インプラント治療に関する質問

治療の成功率は?
インプラント治療は入院が必要ですか?
インプラント治療は痛くありませんか?
デメリットを教えてください。

治療の成功率は?

移植する部位の状態,特に骨の密度や量、個人差、噛み合わせなど難易度によっても違いますが、当院ではリスクファクターを判定して、その成功率を予想しております。リスクファクターの低い場合は、ほぼ100%近い成功率です。

しかし、リスクファクターが高く、成功率が低い場合もあります。インプラントは患者さんの命を救うための治療ではありません。難易度が高い場合は安全が第一と考え、無理な手術をお薦めしておりません。難易度が高く、予想される成功率が80%の場合、患者さんとの相談の上、インプラント手術を決定します。

インプラント治療は入院が必要ですか?

必要はありません。

インプラント治療は痛くありませんか?

抜歯程度の痛みと腫れがあります。術後の痛みや腫れを少なくするためには術前に歯周病やむし歯をしっかり治療し、お口の中の細菌数をなるべく少なくしておく必要があります。
そのために当院ではインプラント手術前のクリーニングとセルフケアを充分に行っております。

デメリットを教えてください。

・手術を伴うこと
・上部構造が完成するまでに2ヶ月から4ヶ月程度期間がかかります。前歯の場合には、その期間は仮歯が入ります。
・費用が比較的高額になる
・症例により、手術ができない場合がある

せっかく高い費用で入れた歯の保証制度はありますか?

当院では自由診療料金の設定に際し、東京医科歯科大学歯学部附属病院自費診療価格を参考にしており、しかも、その価格を大巾に安価に設定しております。そのために、インプラント以外の保証制度は特に設定しておりません。

ラミネートベニアや1回治療は、口腔ケアの不良や酸性食品などの習慣的摂取によるむし歯の再発や変色、歯ぎしりやかみしめ、咬み違いによるによる破折が主なトラブルです。

状況によって修復が必要ですが、1回で修理が可能で、安価な費用で済む場合がほとんどです。修復直後の修正などは、原則として、費用は再診料や調整料のみいただいております。

インプラントの保証はありますか?

インプラントはリスクファクターの低い場合は10年保証です。
ただし、次に挙げた場合などのように、決められた指示にしたがわない場合には適用しません。

・手術後の指示を守らない
・決められたメインテナンスをしない
・歯周病、むし歯や欠損部位を治療しない
・他の部位に義歯が入っているのにあまり使わないため、インプラントに負担がかかりすぎる
・かみしめや歯ぎしりなどがあるために夜間マウスガードの装着を指示されたが、使っていない。
・外傷や事故などにより異常な力がインプラントに加わった場合
・当院の許可なく、他の医院でインプラントの治療を受けた場合(診断や方法が異なる場合があり、治療を困難にする場合があるため)
・西村耕三本人が死亡または治療困難になった場合

リスクファクターが高い場合は個々の症例ごとにご説明して患者さんのご納得が得られた場合にのみ手術を行います。

保険診療との違いは何ですか?

自由診療のメリットは材料、器具、技術、時間、回数に制限がなく最適な治療を受けられることです。

医科と病気と違い歯科治療は命に関わりがないとされており、最先端の治療法や材料はなかなか保険に導入されません。一方、医科の最新治療法をなかなか保険に導入しないと国民は納得しないために医科優先で保険制度を維持されてきました。

また、保険治療は歯科医なら誰にでもできる治療という方法が原則で、研修医がやっても教授がやってもレジン充填は約3000円です。これは韓国やタイなどの費用より安く、米国などの1割に満たない価格です。

しかも、私どもの使っている材料価格は研磨材が1回で1000円、接着剤は1回700円、コンポジットレジンは1g 900円もします。その他、特殊なマトリクスなども使い捨てで、高性能照射器、レーザーなどを用い、最高の技術と知識を集約し、多くのスタッフの協力を得て成功する審美歯科治療は、残念ながら贅沢な治療とみなされ、美容整形に近いものとされ、今の緊迫した財政事情の下では保険治療にはなじまないものとされているようです。

その結果、奥歯は見えないから保険の銀歯で、前歯は見えるから高い差し歯にするという世界でも例がない日本人独特の口元になってしまったようです。

私たちの治療は、元々歯は白いのだから、もとの歯のように治すべきであり、前歯はなるべく削らず差し歯にするべきではないという方針です。従って、結局、総合的には自由診療であっても、従来の方法に比べて、費用が安く、きれいな白い歯を維持できると確信しております。

すきっ歯は治せますか?

すきっ歯は治せますか?q
上の写真は17才の男子の症例です。歯肉炎があり、歯の色が黄色く、隙間、形、捻転も気になり当院に来院しました。本来は歯肉炎の治療を終了して、歯の漂白をした上で、隙間を矯正治療かラミネートベニアで治すところですが、1回治療で、レーザーで歯肉炎による歯肉の腫れを修正し、すきっ歯と歯の色,形、捻転をコンポジットで治療しました。所用時間は1時間半で、費用は4本で16万円です。

この場合矯正治療では期間と費用がかかるために患者さんと親御さんとのご相談し、1回治療を選択しました。もちろん、2回以上の回数とより多くの時間、費用がかかりますが、セラミクスラミネートベニア法も適用となります。
すきっ歯は治せますか?a

矯正治療は何歳まで受けられますか?

年齢は高齢でなければ制限はありません。

審美歯科に関する質問

せっかく高い費用で入れた歯の保証制度はありますか?
インプラントの保証はありますか?
保険診療との違いは何ですか?
すきっ歯は治せますか?

子どもの矯正はどれくらいの時期からはじめると良いですか?

反対咬合(受け口)、上顎前突(出っ歯)などは小学校入学前から開始した方が良いと思います。

一方、八重歯などの歯の凸凹は小学生高学年でも良い場合が多いですが、歯を抜かない矯正のためには成長期が終わる前の相談をお薦めします。

歯を抜きますか?

当院で採用しているデーモンシステムは最も歯を抜く割合が少ないものの、症例によっては抜歯を薦める場合があります。親知らずは時期を考え、抜歯する場合もありますし、小臼歯を抜いた場合や歯が少ない場合などでは、矯正装置を付けてきちんと並べる場合もあります。

矯正中は痛みはありますか?

デーモンシステムは弱い力で動かすために、最も痛みの少ない矯正システムです。しかしながら、常に歯に力が作用するためにワイヤ装着直後にはしばらく痛みがでます。

矯正治療に関する質問

矯正治療は何歳まで受けられますか?
子どもの矯正はどれくらいの時期からはじめると良いですか?
歯を抜きますか?
矯正中は痛みはありますか?


2009年4月13日 « トップへ » 2009年4月15日


文字サイズ
を変更する