トップへ » 院長あいさつ・経歴 » むし歯は痛いと思ってませんか?痛みは健康な象牙質が感じる反応です

むし歯は痛いと思ってませんか?痛みは健康な象牙質が感じる反応です

患者さんの時間を奪わない。そこに価値がある「むし歯なのに麻酔もしないで削るのですか?」
僕が患者さんからよく言われます。むし歯だけ除去する場合、実は痛みはありません。それではなぜ歯科医は麻酔をするのでしょうか?その理由は健康な歯を削るからなのです。むし歯を除去した痕は洞窟のような複雑な形になっていますので、型を取る場合に型が抜けないし、
石膏も外れません。したがって、むし歯の形よりもかなり大きく健康な歯質を削り、比較的単純で決まった形(外開きの形態と完成した修復物が外れないように深く、枝をつけたような形態)に金属やセラミクスの修復物が入ります。その時、つまり健康な歯質を削る時に痛みが強く、麻酔が必要になるのです。

むし歯は痛くないし、治療も痛くありません。たまに、むし歯が歯髄を侵し急性炎症を起こした時に痛むこと、健康な歯を削られる時に痛むために痛いという先入観があります。
東京医科歯科大学歯科麻酔科の深山教授の研究ではむし歯を削る痛みよりも麻酔の痛みの方が大きいという報告があるように麻酔も決して無痛ではありません。
 また、麻酔が切れて詰めた後に歯髄炎の痛みが出た場合(大体夜間ズキズキしてくる)夜も眠れない痛みが起きる場合があるために、歯科医師の信頼を維持するために大きいむし歯は神経を除去することになります。
 実際にはむし歯は大きくても歯髄の防衛反応として象牙質が内部にどんどん添加され(2次象牙質)、神経は守られている場合が多いのです。
口中の歯が神経を除去され、差し歯がほとんどの患者さんが多く来院されますが、「本当に痛くて神経を取ったことが何回ありますか?」という質問をするとほとんどないという方が普通です。

1回治療はMI(最小限の切削)ででき、しかも白い歯で、麻酔もあまりせず(高齢化社会にあっては麻酔もリスク)、差し歯にしないで治る方法です。

私もスタッフも自分や家族が治療を受けるならこの方法が良いという治療、そういう治療を患者さんにしたいと考えております。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » むし歯は痛いと思ってませんか?痛みは健康な象牙質が感じる反応です


文字サイズ
を変更する