トップへ » はじめての方へ » インプラント » インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表(アストラ社による)

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表(アストラ社による)

比較008 比較009 比較010
治療法 失った歯根の代わりに人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる方法 歯を失った場所に人工の歯を、両隣の歯を土台にして、人工の歯を支える方法 歯を失った場所の周囲に金属の留め金をつけて固定させる方法。
取り外しが可能。
メリット ・天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができる。
硬いものを噛むことができるようになる。
・周りの歯を傷つけない
固定式であるため、装着しても違和感があまりない。 ・ブリッジのように健全な歯を削らずに補える
・比較的治療が簡単
見た目

自分の歯に近い

保険適用外のセラミックを使えば自分の歯に近くなる

留め金が見える部分もある
日常の手入れ

通常の歯磨きと同じ

通常の歯磨きと同じ
×
外しての洗浄する
価格
AQB 1回法1本20万円~
AQB 2回法1本30万円~
アストラ 2回法1本33万円~
(手術費含め)
自費:8万円~
保険:適宜
自費:2万1,000円~30万円以上
保険適用
×
全額自費治療
ただし、医療控除適用

場合によっては保険適用可能

保険適用可能
治療期間

1か月~6か月(状態による)

2週間~2か月

1か月~2か月
治療時・
治療後
のリスク
・インプラントを顎の骨に埋めこむ手術が必要。
・全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある
・ブリッジを固定するために健康な歯を削ることがある
・支えている両隣の歯に負担がかかる
・空気がもれて発音が困難になることがある
・バネによる隣の歯への負担が大きい
・噛む力が健康な状態に比べて30~40%くらいになる
・取り外して手入れをする必要がある
・すぐにガタつきやすい

トップへ » はじめての方へ » インプラント » インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表(アストラ社による)


文字サイズ
を変更する