トップへ » はじめての方へ » インプラント » 噛めるまで平均2〜3か月。治療期間を大幅に短縮

噛めるまで平均2〜3か月。治療期間を大幅に短縮

治療期間を大幅に短縮当院で使用するAQBインプラント治療の特徴は、治療期間が短いことにあります。当院ではAQBインプラントと呼ばれるインプラントを使うことで、噛めるまで通常4〜6ヶ月かかるところが、2〜3か月に短縮することができました。

その秘密は、材質にあります。AQBインプラントは、純チタンと再結晶化ハイドロキシアパタイトという材質からできています。

チタンには生体親和性があり、生体組織内で合併症やアレルギーを起こす危険性がありません。また、チタンは耐食性に優れ、インプラント以外にも骨折したときに骨と骨をつなぐプレートやスクリューにも使用されています。また、再結晶化ハイドロキシアパタイトは骨の成分です。

ですから、AQBインプラントは骨との結合性がよく、手術も一度で終わります(多くのインプラント治療は期間を空けて2回の手術が必要)。


トップへ » はじめての方へ » インプラント » 噛めるまで平均2〜3か月。治療期間を大幅に短縮


文字サイズ
を変更する