トップへ » はじめての方へ » ホワイトニング » ホワイトニングの副作用

ホワイトニングの副作用

ホワイトニングの副作用多くの方に歯がしみるという知覚過敏という症状が一時的にでます。

歯質が溶けているわけではありません。ホワイトニングジェルの過酸化水素が神経を刺激するためですが、一時的な症状です。
ジェルは分解すると水、微量のアンモニア、酸素になり使用量では体に無害です。

ただし、妊娠中の方はやるべきではありません。


トップへ » はじめての方へ » ホワイトニング » ホワイトニングの副作用


文字サイズ
を変更する