トップへ » はじめての方へ » なるべく削らずに白い歯で治す(MI治療) » なるべく歯を削らず、白い歯にする(MI修復)

なるべく歯を削らず、白い歯にする(MI修復)

なるべく歯を削らず、白い歯にする

「銀歯にはなりたくないけど、セラミクスの歯は高いし......」と悩んでいる方はいませんか?「コンポジットレジン」治療はそんな方にオススメの治療方法です。

コンポジットレジン治療とは、85%セラミクスと15%レジンを含む複合材料をボンディングという歯科用接着剤でむし歯を除去した部分に詰め、光で硬化させる治療法で健康な歯質をほとんど削らず(MI修復)、1回で治療が完了する画期的な方法です。

かつてのむし歯治療では、歯を削った後につめる"つめもの"は、銀歯などの金属や、高価なセラミックや金合金による修復法しかありませんでした。銀歯は比較的安価なぶん、治療跡が目立ちます。セラミックによる治療は見た目の美しい分、治療費が高価で健康な歯質を大きく削り取る必要があります。

そんな不満を解決したのが、コンポジットレジン治療でした。

なるべく歯を削らず、白い歯にする<コンポジットレジン1回法のメリット>
●上手にやれば天然の歯と見分けがつかない
●1回で完了で終わります
●オールセラミクスや金合金と比べて安い
●健康な歯をほとんど削らない(MI修復)
●神経を保存できる可能性が一番高い
●修理や修正が容易
●固すぎない

などがあり、むし歯になった歯を修復する場合は、健康な歯を最も保存するために、第一に選択すべき修復法と考えられます。


トップへ » はじめての方へ » なるべく削らずに白い歯で治す(MI治療) » なるべく歯を削らず、白い歯にする(MI修復)


文字サイズ
を変更する