トップへ » はじめての方へ » 酸蝕歯について » 酸蝕歯とはなんですか?

酸蝕歯とはなんですか?

カラダによいといわれている黒酢、フルーツ、野菜ジュース、クエン酸、炭酸飲料、ワインなどのお酒、熱中症予防に飲むスポーツ飲料、疲労回復や美容に良いと言われる栄養ドリンクやビタミンC。これらほとんどが歯を溶かすのに充分な強い酸性を示します。

実は私たちがおいしいと感じるものはほとんど酸性なのです。中性は味がなく、アルカリ性は苦いのです。東京医科歯科大学の北迫勇一先生らの研究によると市販の飲料の73%が歯を溶かす以上の酸性を示したそうです。

酸蝕歯とは、酸性の飲食物、クエン酸入り、ビタミンCなどの顆粒や液体のサプリメント、酸性の歯磨きやうがい薬など酸性常用することよって溶けてしまった歯の状態です。歯を強くかみ合せることや歯ブラシによってすり減った歯の状態と酸蝕を会わせてTooth Wearと言います。また、逆流性食道炎のある方、しばしば嘔吐する方などは胃酸によっても酸蝕歯になります。小児や若者の場合、炭酸飲料、果汁、スポーツドリンクによるムシ歯と酸蝕の複合型も多く見られます。

カラダによいとされているものが、実は歯には悪い。きっとびっくりしてしまった方も多いのではないでしょうか?実は最近の健康や美容志向の高まりとともに、歯をしっかりみがいているのに、歯がしみると訴える方が急増しております。そのような方は酸蝕歯の可能性を疑ってみてください。

>>>酸蝕歯になってしまったら~酸蝕歯の治療法


トップへ » はじめての方へ » 酸蝕歯について » 酸蝕歯とはなんですか?


文字サイズ
を変更する