トップへ » はじめての方へ » 酸蝕歯について » 酸蝕歯の治療法

酸蝕歯の治療法

酸蝕歯予防が第一であるため、原因と思われる物を口に入れる習慣を止めるか減らすべきです。酸が原因の場合は原因疾患の治療と胃酸が口に出てきた場合はまずは水でうがいをして、さらに牛乳などを口にしばらく含むと良いでしょう。MIペーストがあれば歯の周りに塗っておくのも良い方法です。

それでは減ってしまったり、薄くなった歯はどう治療するのでしょうか?それは歯を削らずに治せるコンポジットレジンによる接着修復が最も良い方法です。

溶けたりへったりした歯をさらに削ることはしないで、歯科用高性能接着剤でコンポジットレジンを用いて修復すると、最小限の回数で審美性と機能を回復できます。

酸蝕歯症例
上の嘔吐を繰り返した女性の下の歯はコンポジットレジンを用いて咬み合わせも高くしました。


トップへ » はじめての方へ » 酸蝕歯について » 酸蝕歯の治療法


文字サイズ
を変更する