トップへ » はじめての方へ » 矯正治療

当院における矯正治療

<パッシブセルフライゲーションデーモンシステムについて>
歯列矯正には目立たないように治したいというご希望に応えるために、セラミクスブラケットや裏側からのブラケット付ける方法があります。しかしながら、どちらもブラケットをゴムで縛り付けるために大きな摩擦力が生じ、歯を移動させるためにその摩擦力を上回る大きな力が必要になります。

大きな力は痛みや歯に対する様々なトラブルが生じやすくなるために、当院ではブラケットをゴムで縛らないシステム(セルフライゲーション)であるオームコ社のデーモンシステムを採用しています。

デーモンシステムの特徴

デーモンシステムの特徴●痛みや不快感が少ない
ブラケットやワイヤーに生じる摩擦を軽減。より弱い力で効率的に歯を移動させるため、痛みや不快感が比較的少なく体に優しいシステムです。

●清掃がしやすく清潔
矯正中のトラブルの一つに歯ブラシが難しく、汚れが付きやすいためにむし歯や歯周病になってしまうことがあります。ワイヤーをゴムで縛り付けないデーモンシステムは歯ブラシによる清掃がしやすく清潔です。

●治療期間が他のシステムに比べて平均半年程度短い
弱い力による歯の移動は周囲の血液の流れを阻害しないために、効率の良い歯の移動が可能です。

●永久歯の抜歯が比較的少ない
滑らかな歯の移動は抜歯症例を減らすことができます。

●顔や頭にヘッドギアやフェースボウなどの目立つ装置を使わない

●顎を拡げる装置をほとんど使わない
などの特徴があります。

歯並びが悪くなる原因と予防

●鼻呼吸ができない
⇒(鼻炎やアデノイドなどによる場合は耳鼻科と相談、癖の場合は鼻呼吸発達訓練)
●舌の位置が悪い⇒(舌のトレーニング)
●寝相や頬杖⇒(悪習癖の除去訓練)
●指しゃぶりや鉛筆やタオルをかむ癖⇒(悪習癖の除去訓練)
●乳歯列時の咬合干渉⇒(咬合調整)
●よく咬まない食事習慣⇒(摂食訓練)
●遺伝
●歯の数の異常⇒(多い場合は抜歯、少ない場合は乳歯の利用や矯正)

矯正治療の流れ

矯正治療の流れ1.歯並び相談(矯正、ベニア、そのコンビネーション法)、審美的な目標の相談
2.診査(口腔内写真、顔貌写真、レントゲン撮影、型取り)
3.診断と説明(治療法と期間、費用)
4.リファイニング(歯の形の修正)
5.舌、頬、口唇などの訓練
6.上下のデーモンシステムの装着(イニシャルワイヤーによる歯の移動)3~5ヶ月
7.ワーキングワイヤーによる歯の移動(3~5ヶ月)
8.レントゲン診査
9.ファイナルワイヤーによる咬合の完成(3~5ヶ月)
10.ブラケットの除去、咬合調整、形態修正
11.印象
12.固定装置装着
13.メンテナンス(3ヶ月に1度)
14.希望の場合(歯の漂白、スマイルトレーニング)

# 歯列不正の種類や程度、治療目標によって期間が変わります。
# 場合によってはミニインプラントを用いる場合があります。

関連ページリンク

はじめての方へ酸蝕歯について1回治療について削らず白い歯
歯を失った場合の補綴法審美歯科ホワイトニングインプラント
矯正治療予防歯科顎関節症の治療レーザー治療
金属アレルギーの予防と対応治療症例リーズナブルな費用
医療控除よくあるご質問患者様の声

ぜひ一度ご相談ください

ぜひ一度ご相談ください


トップへ » はじめての方へ » 矯正治療


文字サイズ
を変更する