トップへ » はじめての方へ » 歯を失った場合の補綴法

歯を失った場合の補綴法

<歯を失った場合>
ブリッジ ダイレクトコンポジットブリッジ
欠損部の両側の歯を削って橋を架けるようにつながった修復物をセメントで装着する。
銀歯や前装冠という保険治療とジルコニアやメタルボンドという保険外治療があるが、両隣の健康な歯を多く削る必要があるし、神経を除去する必要がある。
コンポジットレジンを用いて自然な歯のように作る。健全な歯を削らず、保険外治療だが、他の方法よりも費用が安く、しかも1回で治せる。当院ではこの方法とインプラントと義歯のどれかを選択することが健康な歯を削らないために、歯が長持ちする方法であると推奨している。
インプラント 義歯
人工歯根を顎に手術的に埋め込み、その上に修復物をかぶせる。 取り外しができる人工歯で一般的にはクラスプという金属製のばねで残った歯に引っ掛けて外れないようにする。
審美的、装着感に劣るためにクラスプを用いないアタッチメントや特殊な義歯がある。また、樹脂製のものから、コバルトクロームやチタン、ゴールドを用いて薄く強度を高めたものもある。

<歯を全て失った場合>
総義歯 インプラントおよびインプラント義歯
樹脂性のものと金属製のものがあるが、大きさは顎全体をおおうことによって吸着を得ているために変わらず、強度と薄さが異なる。 インプラントを用いて固定式のブリッジまたは義歯を入れる。

関連ページリンク

はじめての方へ酸蝕歯について1回治療について削らず白い歯
歯を失った場合の補綴法審美歯科ホワイトニングインプラント
矯正治療予防歯科顎関節症の治療レーザー治療
金属アレルギーの予防と対応治療症例リーズナブルな費用
医療控除よくあるご質問患者様の声

ぜひ一度ご相談ください

ぜひ一度ご相談ください


トップへ » はじめての方へ » 歯を失った場合の補綴法


文字サイズ
を変更する